物忘れを防ぐ有効な対策とは

脳の影響による物忘れは20代から少しずつ進行していく傾向にあり、原則として加齢に伴って症状は重くなっていくことから、早い段階で対策を施して進行を遅らせるのが賢い考え方です。

最も基本的な物忘れ対策は脳へ刺激を与えることで細胞の老化速度を遅くする方法が有効であり、身近な要素では料理や読書を日常的に行ったり映画やゲームなどの映像・音声作品を通して感動するといった行為が、適度に脳を活性化させる結果へ繋がります。

近年はストレス社会の影響から、脳細胞の老化がほとんど進んでいない若い人でも物忘れの症状を起こす例が増えており、過剰に精神的な負担を抱え続けると記憶力及び集中力が低下するだけに留まらず、うつ病や認知症といった危険で治療の難しい疾患を発症させるリスクは必然と高まってしまいます。

これは脳内ホルモンの一種であるセロトニンが関連している症状に該当し、規則正しい生活を送ることによって体内におけるセロトニンの自然生成量を増やし、精神的に負担の小さい状態を維持しておくと危険な疾患への対抗手段になります。

そのほかにも物忘れは脳細胞が深く関係している症状なので、毎日数十分程度の軽度な運動を続けておき、脳への血流量を安定させることが重要な要素といえます。

特に生活習慣で問題となる場合が多い睡眠不足や運動不足は放置しておくとストレスを強めやすい状態であるため、無理に我慢する選択は好ましくない点に注意が必要です。

また、青魚などの一部食材に多く含まれるDHAやEPAは一時的な記憶力の向上と脳の活性化を同時に期待できる栄養素とされており、これらを意識して摂取していれば脳細胞へのダメージを減らしつつ老化速度を遅らせる手助けとしても役立ちます。

万が一にも青魚を始めとした食材から摂取が難しい場合は、コストは掛かりますがサプリメントなどの健康食品をうまく活用してDHA・EPAを補給していく方法も十分な効果が見込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です